校外、校内の展示についての紹介やお知らせ等
Posted by 日本大学芸術学部写真学科WEB管理人 - 2015.05.06,Wed
本学で写真史Ⅰをご担当いただいている打林 俊先生の本が出版されました。
『絵画に焦がれた写真──日本写真史におけるピクトリアリズムの成立』(森話社/2015.4.4)です。
明治・大正期を通じ欧米での展開に共鳴しながら「芸術」としてのありようを模索した写真。 絵画的な画面構成によって美術としての写真表現に挑んだピクトリアリズムの動向を、近代日本美術や展覧会制度との関係から読み解き、モダニズム写真へと至る「写真芸術」の誕生を描きだしています。

また、先生はこの研究で花王芸術・科学財団様より〈美術に関する研究奨励賞〉を受賞されました。

本屋さんでぜひお手にとってみてください。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新TB
バーコード
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"